まちなかピアノ

 タイトル  

5回前橋まちなか音楽祭-JR前橋駅まちなかピアノ」設置に伴う
922日オープニングセレモニーの開催について

 概要  

前橋まちなか音楽祭の新たな取り組みの「まちなかピアノ」の一つに、

JR東日本前橋駅の特別な協力のもと、期間限定で駅構内での実施が

可能となりました。

 

実施期間 922()から106日(日)まで

オープングセレモニー 922()

 

まちなかピアノについて

現在、この試みは世界的にも広がりを見せており、「ストリートピアノ」「駅なかピアノ」「エアポートピアノ」「まちなかピアノ」など呼び方はいろいろ。前橋の持つ文化のポテンシャルを活かした取り組みとして、前橋テルサでは、722日から実施中です。
 本件の問合せ先  前橋まちなか音楽祭実行委員会(電話:070-2618-7723


1 名称           「前橋まちなかピアノ」

2 日時           令和元年922()106() 「第5回前橋まちなか音楽祭」期間中
            ※他イベントの実施等で利用できない場合もあります。
            ※922()1200、前橋駅にてオープニングセレモニーを開催します。

3 会場           JR前橋駅構内の通路
            ②元気21まえばし 1Fにぎわいホール
            ③中央通り商店街 comm前(千代田町2-10-2
            ④前橋テルサ 1Fロビー
            ⑤なか又 中庭(千代田町2-7-21

4 主催            前橋まちなか音楽祭実行委員会

5 事業背景    都市の文化のインフラとしてのピアノの重要性は誰もが認めるところですが、現実的にはホールや学校、個人宅などの閉ざされた空間での使用がほとんどです。まちなかにピアノがあり、誰でも、何時でも弾くことができれば、弾く人・聴く人などの楽しい場ができます。まちなかに人が集う場所として話題となれば、賑わいの創出だけでなく、前橋の文化度の発信にもなります。前橋テルサでのロビーコンサートも15周年を迎えており、前橋には音楽好きの弾き手・聴き手がたくさんいます。そこで、前橋の持つ文化のポテンシャルを活かした県内初の事業として、「第5回前橋まちなか音楽祭」期間中、「前橋まちなかピアノ」を設置し、その初日にはオープニングセレモニーを開催することになりました。